「タイ」いろいろ

 下関おきそこの漁獲物は数多く、およそ150種[E:sign01]とされています。
 大きくは、たい類、かれい・ひらめ類、いか・たこ類などと総称されますが、これらのうち、漁獲が多いのはやはりかれい・ひらめ類で、漁獲の約2割強を占めます。
 次いで多いのがたい類。これも負けず劣らず、漁獲の約2割弱です。
 で、このたい類ですが、内訳としては、タイ科の魚のうちマダイ、キダイ、チダイの3種を集計しています。
 しかし、その他の魚であっても「タイ」という名前がつく魚は多々あります。
 例えば、
 たかのはだい(タカノハダイ:タカノハダイ科) ※写真データ欠です。
 いしだい(イシダイ:イシダイ科)  
 あまだい(アカアマダイ:アマダイ科)
 
 いとよりだい(イトヨリダイ:イトヨリダイ科)
 しす(イボダイ:イボダイ科)
 だるま(メダイ:イボダイ科) ※写真データ欠です。
 ばとう(マトウダイ:マトウダイ科)
 
 かがみだい(カガミダイ:マトウダイ科) ※写真データ欠です。
 えびすだい(エビスダイ:イットウダイ科)
 かごかきだい(カゴカキダイ:カゴカキダイ科)
 つぼだい(ツボダイ:カワビシャ科)
などがあります。

0コメント

  • 1000 / 1000

下関おきそこ

下関漁港沖合底びき網漁業ブランド化協議会のホームページです。