第5回あんこう供養祭

 下関おきそこの重要な漁獲物であり、下関漁港が水揚げ日本一を誇る「あんこう」。
 その「あんこう」様に感謝するとともに、慰霊と、また、来漁期の豊漁を祈念する、「あんこう供養祭」が、本日、執り行われました。
 多くの来賓の方々のご臨席を仰ぎ、下関おきそこ漁業者・卸売業者・市場買受人等が揃って開催する供養祭も、今年で5回を数えます。
 その状況を、写真でご覧下さい(なんだか、手抜きっぽいですが[E:sweat02])。
 まず、会場と、式次第です。
 祭壇には、7~8kgサイズでしょうか、大きなあんこう様が鎮座まします。
 式は、神事「修祓の儀」から、執り行われました。
 ついで「斎場の儀」。経典(で、よいのでしょうか)をパラパラと繰っていきます。
 そして、「祝詞奏上」です。神主さんが読経されます。
 それから、主催者である(社)下関水産振興協会会長が、あんこう様を慰霊する言葉をかけられます。
 次に、来賓の方々を始め、列席者による「玉串拝礼」へと進みます。
 神事の最後は「昇進の儀」。神主さんが、ひもろぎで一同の頭上を払います。
 神事は以上で終了し、来賓として下関市長様のご挨拶を頂戴しました。
 式は以上で終了し、県以東機船底曳網漁協組合長さんの閉式の辞で締めくくります。
 式が終了し、供養祭会場横で、直会としてあんこう鍋と、おむすびをお召し上がりいただきました。
 アルコールは無し。お茶と、おにぎりと、あんこう鍋といった簡単なものですが、あんこう鍋には、あんこうの身や肝がたっぷり入っていて、改めて、「あんこう」様への感謝の念が湧いてきます。
 最後になりましたが、下支えされました関係職員の皆さま、お疲れ様でした。ありがとうございました。
 

0コメント

  • 1000 / 1000

下関おきそこ

下関漁港沖合底びき網漁業ブランド化協議会のホームページです。