市況用語

 下関おきそこの本日12月11日のセリは、2船団が上場し、相場は「保合(もちあい)」でした。
 ところで、この「保合」という言葉、初めて見たときは、読み方さえ分かりませんでした[E:coldsweats01]
 相場用語というのでしょうか、一般にはなじみが薄い言葉です。
 「保合」とは、相場に変動が少なく、ほとんど価格が動かず同一水準を保っている状態をいうようです。
 この「保合」から派生して、「強保合(つよもちあい)」とか、「弱保合(よわもちあい)」という言葉があります。
 それぞれ、強含みの保合、弱含みの保合という意味で、保合ではあるけれども、若干強かったり弱かったりしており、上げ相場、または下げ相場になるのではという観測ができる状態をいいます。
 このほか、価格が低下した相場になった「下げ」や、価格が上昇した相場になった「売れ行き良好」といった表現もあります。
 比較の対象となるのは前日のセリ相場。
 従って、同じ「保合」であっても、前日が「下げ」であったとすれば、その低下した相場から価格が動いていないということですから、依然、低価格が続いているということ。
 逆に、前日が「売れ行き良好」であった場合の「保合」は、引き続き、高値相場が続いているということになります。
 水産物は、工業製品とは異なり、必ずしも計画生産ができるわけではありません。
 かといって、鮮度が命ですから、「低価格だから今日売らずに明日売ろう」なんてことができるはずもありません。
 

0コメント

  • 1000 / 1000

下関おきそこ

下関漁港沖合底びき網漁業ブランド化協議会のホームページです。