下関おきそこの魚たち ~マダイ~

 下関おきそこで水揚げされる魚介類は数多くありますが、最もメジャーな魚の一つとして挙げられる魚種は、マダイではないでしょうか。
 写真は、「1入り」銘柄と「2入り」銘柄。
 まだまだ、こんな大型のマダイが水揚げされているところに、山口県沖合海域の豊穣さが現れているのではないかと、ニンマリしています[E:happy02]
 で、「1入り」ほどになりますと、トロ箱をはみ出してしまうので、わざわざ切れ込みを入れて、魚体が傷まないようにしているのも見落とせません。
 で、このマダイですが、毎年、下関おきそこでは、8月15日の出港式にマダイ種苗を積み込み、沿岸域での種苗放流を継続しています。
 今年の出港式でも、10,000尾のマダイ種苗を放流しました。

0コメント

  • 1000 / 1000

下関おきそこ

下関漁港沖合底びき網漁業ブランド化協議会のホームページです。