フィッシュマイルの計算

下関おきそこでは、昨年度から、期間を限定し「フィッシュマイレージキャンペーン」を展開しています。
 で、「フィッシュマイル」は、どうやって算出しているのか[E:sign02]
 アンコウ料理を例にしますと、
 (1) アンコウの国内での主産地として島根県浜田市を設定します。
 (2) 島根県浜田市から、下関市までの距離は、148km
 (3) 下関漁港市場から、市内の協賛店(料理屋さん)までの距離が3km
 (4) アンコウ鍋の一人あたりのアンコウ食材は400g
 (5) 以上から、(148-3)km×0.4kg=58フィッシュマイル
 というふうに、算出しています。
 レンコダイですと、国内主要産地は長崎県長崎市として設定し、同様の計算を行います。
 
 下関おきそこの魚介類料理を召し上がって下さったお客様に、特に訴えたいのは、
 
した「地産・地消」メニューです
 [E:punch] 美味しいお魚料理を食べてマイルを貯めて景品をゲット(協賛店共通のお食事券が当たる)
 [E:punch] 二酸化炭素の排出抑制で地球温暖化防止にも一役 → 食材の輸送距離が短く
 ということです[E:note]
 忘年会、新年会の幹事のあなた、どうです[E:sign02]
 下関のフクのほか、アンコウやレンコダイ料理もイケますよ~[E:scissors]

0コメント

  • 1000 / 1000

下関おきそこ

下関漁港沖合底びき網漁業ブランド化協議会のホームページです。