下関おきそこの魚たち ~えちおぴあ~

 見慣れないこの魚、下関おきそこの「イロ」(色々なものという意味)という銘柄の魚函に、一匹だけ入っていました。
 名前は、「えちおぴあ」。
 恥ずかしながら、初めて聞きました・・・・[E:coldsweats02]
 写真の中央部に写っているのがそうです。
 ちなみに、親ガメの上に乗る子ガメのように写っているのは「しす(イボダイ)」です(大きさと、形の違いを見るために乗せたものです)。
 このえちおぴあ、標準和名はシマガツオといい、南方系の魚で、マナガツオに似ていることから命名されたようです。
 で、なぜに「えちおぴあ」なのか[E:sign02]
 卸売業者さんに尋ねても「えちおぴあは、昔からえちおぴあ。何でかは知らん」とのこと。

0コメント

  • 1000 / 1000

下関おきそこ

下関漁港沖合底びき網漁業ブランド化協議会のホームページです。