沖合底びき網漁業って?

 普通は、まず、聞いたことがない単語だと思います。
 「沖合底びき網漁業
 単語をばらすと、「沖合・底びき網・漁業
 おぉ、何となく、「沖合で営まれている底びき網という漁業」、かなぁ、という気がしませんか?
 とはいっても、沖合ってどの辺りよ? とか、底びき網って海の底を曳く網のこと? とか、疑問符だらけですね。
 細かくいいますと、「沖合底びき網漁業」とは、『漁業法第52条第1項の指定漁業を定める政令(昭和38年1月22日政令第6号)』で、次のとおり定義されています。
 北緯25度15秒東経128度29分53秒の点から北緯25度17秒東経152度59分46秒の点に至る直線以北、次に掲げる線から成る線以東、東経152度59分46秒の線以西の太平洋の海域において総トン数15トン以上の動力漁船により底びき網を使用して行う漁業
 イ 北緯33度9分27秒以北の東経127度59分52秒の線
 ロ 北緯33度9分27秒東経127度59分52秒の点から北緯33度9分27秒東経128度29分52秒の点に至る直線
 ハ 北緯33度9分27秒東経128度29分52秒の点から北緯25度15秒東経128度29分53秒の点に至る直線
 あぁ、これじゃ、絶望的に分かりません・・・・。
 そこで、以上で表現された区域を図示するとこうなります。
イメージが湧いてきたでしょうか?

0コメント

  • 1000 / 1000

下関おきそこ

下関漁港沖合底びき網漁業ブランド化協議会のホームページです。